FC2ブログ

ボージョレヌーヴォー飲みました。

20091124124829
解禁日当日にボージョレ・ヌーウ゛ォーを頂きましたなにせ今年は最高の出来と称されてますねみなさんはもう飲みましたか?ちなみに情報マニアな僕としてはもう一度ボージョレの知識を深めようといろいろ調べたので良かったら見てくださいな


ボージョレ・ヌーウ゛ォーとは?

ボージョレとはフランス・ブルゴーニュ地方南部のワイン産地の名前です。ガメ種というブドウからつくられておりフルーティで軽やかな味が特徴です。ブドウ以外は何も使っていないのに、花の香りや、フルーツの香りすると言われています。またヌーヴォーとは、その年に収穫したブドウでつくった「新酒」のこと。つまり、ボージョレ地方でつくられた「新酒」が「ボージョレ ヌーヴォー」というわけです。なお、ボージョレ ヌーヴォーの解禁日は、毎年11月の第3木曜日と決められています。


美味しい飲み方

飲み方は軽く冷やしてから飲む事が美味しい飲み方だとされています。普通の赤ワインは、種の渋みがあるので、冷やしてしまうと渋みが強調されて飲みにくくなってしまいます。ボージョレ ヌーヴォーは、渋みが出ない醸造法でつくられているので、軽く冷やした方がおいしく頂けます。また、ヌーヴォーは、出来たてのフレッシュさを楽しむワインなので、他のワインと違い、長く寝かせる程おいしくなるという事ではないのです。遅くとも、春までに飲む事が一般的とされています。


ボージョレとの違いについて

ボージョレ・ヌーヴォーはマセラシオン・カルボニック※(炭酸ガス浸漬法)という特殊な醸造法でつくられていて、つくりたてのフレッシュでみずみずしい風味を楽しめるのが特徴ですが一般のボージョレは、伝統的な醸造法でつくられ、半年ほど熟成させてから、翌年の春に出荷されます。ボージョレ・ヌーヴォーは、解禁から数カ月間が一番おいしいのに対して、一般のボージョレは、数年間にわたっておいしく楽しめるのも、大きな違いのひとつです。


解禁日に関して

解禁日に関してですが、先程、毎年11月の第3の木曜日に決められていると述べましたが、実は1967年に、フランス政府によって、11月15日と決められれていたのです。ところが、毎年15日と決めておくと、年によっては、土曜日や日曜日に重なってしまうことがあります。そうなると、せっかく新酒を出荷しても、お休みの日に働きたがらないフランスの国民は、運送業者が動いてくれず、解禁日にワインが届いていないなんてハプニングが起こってしまったみたいです。それでは飲みたがる人が困ってしまうので1985年に「第三木曜日」に変更されたという事です。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

親バカパパ

Author:親バカパパ
どうもはじめまして。親バカパパです。簡単に自己紹介させていただきます。現在2児の父親&1妻の夫です(笑)

こちらのブログでは愛する大輝との生活の日々や私の気になったニュース、情報等を独断と偏見で書いています。

私のプロフィールの詳細はこちら
親バカパパのプロフィール

親バカパパの副業ブログ
私親バカパパのネットビジネスのブログも書いています!!
興味のある方がいましたらぜひのぞいてください。

内容は
輸入ビジネスについて
ブログ等のアクセスアップの仕方
親バカパパのビジネスの考え方等々

ネットビジネスに興味のある方や
在宅でパソコンを使ってできる仕事に興味のある方は必見です。
↓↓↓アクセスはこちら↓↓↓↓
 【時給7万円】親バカパパのネットビジネス

フリーエリア
ツイッターフォローお願いしますm(__)m
カテゴリ
リンク